不利対面 はたきおす

初見さんへ トップ記事は必読です

【お題箱】構築記事

f:id:kiossamu:20181103112100p:plain

ポケモン勢、特にシングルレート勢には構築記事を書く文化があります。私が数あるゲームの中でポケモンをやりこむ理由です。

しかし、どうしてポケモン勢には構築記事を書く文化があるのでしょうか? 他のゲームは謎のまとめサイトばかりですよね。(私が知らないだけかも知れませんが。)

私は新参者なのでどうしてこのような文化が根付いたのかわかりません。個人的な推測では、2世代からブログを介して理論を練り上げていった人たちの名残りなのかな、と考えているのですがどうでしょう?

当て推量で構わないのでたかきおすさんのお考えが知りたいです。どうかご教示ください。

 

f:id:kiossamu:20160614211209p:plain

そう、昔はTwitterなどのSNSが無かったのでブログや掲示板がポケ勢の主な活動場所だったらしいです。その名残で今のブログとTwitterの文化が発達したと僕は考えています。

ポケモンもガチ勢の間では目立たないだけで謎のまとめサイトはあります。ただ、ポケモン徹底攻略が育成論、データベースとしてかなり優秀であるためほかのサイトが追いつこうにも追いつけない状況になっているはずです。一応掲示板みたいな役割も果たしていますし「あの」しのもりさんも徹底攻略出身のようです。加えて、みなさんが知ってる人の中でも何人かいるようです。

 

あとは結果を出した際に生まれる何かを発散する場所がブログやTwitterしかないことも理由の1つでしょう。コミュニティに属する人間である以上「承認欲求」なるものがあります。人間が成長する上で大事なステータスの一種であるこれを満たすためにブログを書く、という事を僕はやっていますが、他ゲーだとこれをやる必要がありません。賞金が発生するからです。

あとは構築に対する「思考量」の多さもブログを必要とする理由の1つです。

例えばDCGの構築は基本的に30-40枚のカードから組まれますが「マナ」や「プレイポイント」と呼ばれるリソースの関係上構築が大きく制限されます。それがゲームの面白さに繋がるのはそうですが構築の幅を狭めている事には違いありません。アーキタイプによってコスト毎の枚数配分がある程度固定され、それがプレイヤー間の「共通認識」になっています。

共通認識を発信してもそれを喜んで拾う人はいません。ただ、新しい発想、個人特有の物は少しでも光るものがあればみんなに拾われます。ポケモンは構築に制限がない以上、構築あたりのこれがとても豊富になり、ポケモンの場合はカードに意味を持たせるのがカードや共通認識ではなくプレイヤーに推移する傾向にあると考えています。

プレイヤーの意識は共通認識ではなく個人特有のものです。ポケモンではそれを文書化する際にTwitterでは限界があるのでしょう。もちろんDCGもプレイヤーの意識はあるのでしょうがブログがあまりない以上やはり個人の思考がポケモン程に反映されないのでしょう。

一応ですが、シャドバでもブログを持って活動してる人は一定数います。「デスドラゴン理論」なんかは少しだけ有名なはずです(シャドバ)。それでもポケモンに比べると極小数ですし、そもそもブログを立てたところで見てもらう機会が少ないのでしょう。ポケモンに比べてリストを見ればある程度思考が分かるものが多いでしょうし。

 

そもそもね、文字を読むって行為がめんどくせーんだ。

でもポケモンは構築スクショだけじゃ他ゲーに比べて思考を伝えにくいんですよね。それはひとつの大きな理由だと思いますよ。

もちろん構築スクショだけで分かる人もたくさんいるんですけどね。

とにかくヒートロトムさんの大方の予想通りだと思います
↑最初に言え