不利対面 はたきおす

初見さんへ トップ記事は必読です

【お題箱】中身がバレても勝てる理由

f:id:kiossamu:20180409200245p:plain

同じ構築を使い続けてレートやオフで結果を残し続けてる人達がいますけど、なんで技構成とか調整とか相手にバレてるのに勝ててるんでしょうか?
構築の中身がバレると圧倒的に不利になるから上の方にいる人は構築を隠したりしてますけど、その人達は特にそういう行為をしてないので気になりました。

f:id:kiossamu:20160614211209p:plain
非常に難しい問題です。間違ったことを言うかもしれないので鵜呑みにしないように。
まぁこの記事に限ったことではないんですけどね。

一応ですが彼らは一方的に不利な状況で戦っているのは確かです。それでも勝ってしまうのにはちょっとしたカラクリがあると考えています。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20160703214802p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plain
で、このカバマンダなんですけど構築を組む時にはある程度立ち回りとかを考えると思います。100勝てないにしてもまぁこれで勝てるやろ~くらいには考えるはずです。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160703220050p:plainf:id:kiossamu:20161220162608p:plain
じゃあカバリザにはどう勝つの?ってことも考えると思います。テテフかは知りませんけど、ある程度は裏の選択肢も考慮しつつ構築を組んだり回したりすると思います。

f:id:kiossamu:20170917235726p:plainf:id:kiossamu:20180721153605p:plain
この辺りになってくると「ん~、切っていいか~」と言い始める人がいます。それが正しいかはともかくトノラグには「上の構築程のパワーが無いと仮定した」場合、構築を組む際にプレイング及び選出択・誘導で誤魔化せると判断し少し軽視します。

 

さて本題です。

f:id:kiossamu:20160611151750p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20160815010627p:plainf:id:kiossamu:20160116191424p:plainf:id:kiossamu:20160604222345p:plain
構築を「組む」時にこの並びを意識する人はどれくらいいるでしょうか。ゼロだと思います。何故かと言うとこの並びとマッチングする機会が極めて少ないからです。ですからマッチングした瞬間、「対ブラマンダ側」にはアドリブが要求されます。ここが最大の要素です。

ブラマンダVS対ブラマンダに置いて、その対戦における理解はプレイヤーにもよりますが、確実にブラマンダ側にああります。環境に少ない並びを用いるメリットはここにあり、経験則で誤魔化せる要素が非常に大きいことに加えて、そもそも対ブラマンダ側にこの並びを突破する手段を持ち合わせているケースが少ない場合がいくらか存在します。想定してないため当然起こり得る事です。

f:id:kiossamu:20171202134515p:plainf:id:kiossamu:20170908140612p:plainf:id:kiossamu:20170921042140p:plainf:id:kiossamu:20170908141222p:plainf:id:kiossamu:20161117014923p:plainf:id:kiossamu:20171127151823p:plain

この構築も同様です。この構築を使っている人が少ないためこの構築に対する立ち回りを構築段階で考える人は極めて少ないでしょう。構築当たりの対応判批の広さは採用できるポケモン・技の都合上限度があり、それを数が少ない物を意識したところで無駄に終わるケースが多いからです。ですから少ない並びを「切る」という選択肢があるわけです。

f:id:kiossamu:20180722200000p:plain
タイムマシンか何かを使ってなんらかの薬を飲ませることで記憶を飛ばして、これらの構築の本人と戦わせてみましょう。おそらくですが勝てる人はいません。これらの構築を用いる本人たちはアーキタイプ毎のシミュレーションを実戦経験を踏まえた上で行っていますが、我々がそのノウハウを持っていない状態で戦うことになった場合、勝つことは不可能に近いでしょう。

長くなってしまいましたが、結局のところは固定構築がなぜ勝てるかと言うのは主に「経験」がカギになってくるはずです。固定側は経験が豊富な状態で戦う事、そうでない側は経験がない状態からスタートします。個人的にはこれが大きいのかな~と思いますし、技や構成を知っていてもそれでもって初めて同じスタートラインに立った状態とも言えるでしょう。そこのお前、風船ドランにガルドで突っ張るのはやめような。

 

ここまで30分かかりました、筆の速度を上げる練習をしています。