不利対面 はたきおす

初見さん、トップ記事は必読です。トップ記事にお題箱があるので扱ってほしい話題がある方がいましたら是非。

【コラム】上手ぶり中級者向けレートの潜り方。

自分に向けて。

f:id:kiossamu:20170725222002p:plain

用意するもの

最低限必要な物

- PGLのアカウント
(削除依頼の更新は火曜日なのでROM登録の際は要注意)
- DSとロム

オプション

- PC・タブレット端末(スマートフォン
- ダメージ計算ツール

最善を尽くす

- トレーナーネーム
基本的にはMoon、ムーン、サン安定。出身地は東京か北海道が流行りっぽい。型晒し、共有が冗談にならないレベルで行われている事に加えて再戦時に有利に働く。なんでこんな事しなきゃいけないんだよって思ったけどまぁ仕方ないですね。

- ノート
対戦相手の型等のメモ。加えて、反省に活かしやすい。アナログ・デジタルは問わない。

期間ごとの

まずレートは約2か月間をワンシーズンとしている。最終日間際だけオラオラできるのは上手い人だけだから基本的にはコツコツ行う。シーズンを通してまんべんなく潜りたい。

序盤

序盤は潜る必要が無いといわれているがそんなことはなく、前期の結果を残した構築、もしくはそのQRを運用しても勝てる。ポケモンに対して一番知識を付けられる時期なので自分が使う構築はもちろんだが、普段触れない並びにも触れておきたい。

序盤1位を目指すのもよいが、最終成績に重きを置いているならそれを考慮する事。今作は特にレートを戻すのが難しいので注意。

中盤

早々に2000に乗せたなどした場合はサブロムに手を付けたい。ちなむと3ロム登録はPGLのアカウント登録規約的にびみょ~に怪しいので2つに抑えておきたい。(アカウントの複数所持)
また、一人で潜るのは単純につまらないので放送を行う、誰かに画面を見てもらうなどをしたい。

終盤

ここから本格的に気合を入れる。絶対に溶かさない、放送を監視して当たらないようにする。

最終盤

最終土日は潜らないほうがいい、もしくは最終日とは違う構築で潜る。

 

飽きた。最善を尽くせないプレイヤーに勝利の女神は微笑まない。

言い訳をできない環境を作る。そうすることで己の実力が見えてくる。

気が向いたときに追記します。