不利対面 はたきおす

初見さんへ トップ記事は必読です

あのさ~~

愚痴っぽいけど愚痴で終わらせるにはちょっともったいない愚痴を言います。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20160703214802p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plain
KP高い並びで構築を組む際に得られる最大のメリットとして「型の匿名性」がある。
けど、なぜかこっちの構成が透けてるのか相手が願望してるかは知らんけど相手が噛み合わせてくる。なんだお前。おい、スカーフだったらどうすんだってやつ。というか選出もばれてるしお前何物だよエスパーかよ~って言ってる。

って思ってたんだけど、これ相手が全対応できないから泣く泣く切りたい物を切ってそれがハマッたってケースが多い気がする。納得がいかない試合があったら「相手がもしこれをケアしてたら?」という想定を試合後に行った後に、「自分が何か情報を晒したか?」の確認を行うようにした。

選出、初手、選択した技から全力で情報を探るのは当然なのだけどそれに頼る、そしてそれが行き過ぎて過信するプレイヤーがかなり多い。ただ、意外と自分から情報を晒してしまうケースってのは反省すると見つかって来るから気を付けたいなって思った。あとはこれを逆に利用するってのも考えたけどどうやって利用するかは考えてない。

雑になった時一番最初にいい加減になるのってここだから常に気を付けていきたいね。

f:id:kiossamu:20180401203730p:plainf:id:kiossamu:20160116191353p:plain
相手の命中不安が当たる。これは行けるかな~って時にエッジがずどーんって来たり、ミトムが鬼の連続当てを披露してくる。ってか鬼火ドロポンって…w
って思ったんだけど相手の命中不安がこちらに当たってしんどくなる試合ってだいたい選出時点で精神的に楽だったり、試合展開がこっち有利だったりする。やはり命中不安は構築の対応範囲を広げるために採用するなら少しはありなのかな~なんて思い始めた。なお現実はそう上手く行かない。かならず有利マッチで泣きながら放つ未来が見える。
という訳で「ねぇ、それ当てるなら俺も採用するんだけど~(おこ)」みたいな事をここ最近ずっと言ってたんだけど、「不利マッチにワンチャンを持たせる行為」を軽く見すぎていたかもしれない。ミトムは無いけど、構築単位でスペースが空いたら少し積極的に「そういう技」を採用してみようかなとか考えた。

まぁやらないと思うんですけどね。辛いところをプレイングで捲るか構成で捲るかって話。構成で捲るプレイヤーが現環境では多め。それはあせーよって言ってやりたい。

f:id:kiossamu:20170703005305p:plainf:id:kiossamu:20170703005304p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20160223173049p:plainf:id:kiossamu:20160604222345p:plainf:id:kiossamu:20160925010154p:plain
使いたいメガがいない。マンダ飽きた。ゲンガー出せない。てかメガ進化選出しなくね?なぁ?出すと負けないか?
メガ進化は型の匿名性を確保しにくい。ってことは相手はそれに処理ルートを一貫させやすくなる。つまり選出時点メガを出したら1/3は相手の想定内って事よね。かなり雑だけど。カバマンダのカバマンダ選出が弱く感じる人はこれに原因があるのかなって思った。カバルドンボーマンダもある程度やる事が決まってるから相手はそれだけ対応がしやすい。相手の手のひらの上であれこれしなきゃいけないのってかなりのストレスだから何か選出軸を組む時にはメガからどうこうってのはやめるべき?メインの動きを定めてそれに介入してくる、補佐をする役目を担わせるのは良いのかな?って思った。

 

愚痴を言うのは別に良いと思う。もちろん人が不快にならない範囲でね。でも何回も同じことを言うって事はその問題点に気付いてるって事。考えるきっかけにしたいよね。ここ1か月くらい僕はずっとこの3つを言ってました。今日やっと気付けた。