不利対面 はたきおす

初見さん、トップ記事は必読です。トップ記事にお題箱があるので扱ってほしい話題がある方がいましたら是非。

【お題箱】カバマンダガルド

f:id:kiossamu:20171024184424p:plain
カバマンダガルドのガルド@ハガネZと@残飯ってどう違うの?取り巻きも変わってくる?

f:id:kiossamu:20160614211209p:plain
最近は見かけなくなったね~ハガネZ。もともとそんなに数もいなかった気はするけど。どう違うのって聞かれると運用方法が違うってのと、取り巻きは変わるか?って聞かれると「人による」って感じかな。今日も氷結BOXが美味しい。ほろ酔いで書くから適当かも。ごめんね。

まずギルガルド単体で見た際の話なんだけど注目したいのが種族値と特性、キングシールドって技の3つ。

f:id:kiossamu:20160703214802p:plain
(ATK)60-150-50-150-50-60
(DEF)60-50-150-50-150-60
数値がバケモノって話は散々出てるのだけど、それを活かすためにはキングシールドって技はどうしても必要になってくるし、自然と盤面に居るターン数は多くなる。

残飯がギルガルドそのものと相性が良いってのはなんとなく分かると思う。残飯はギルガルドとしての最大値を出せる型って認識で良い。って、昔の僕の友達が言ってた。

対してハガネZで得られるメリットは何かって話だけど、ギルガルドって数値の割には技の威力は控えめだから火力を出すのが難しい。まぁ霊技の一貫は取りやすいから残飯で、そもそもの数値で行動回数を稼いで殴るのが強かったりする。ただ、キングシールドが相手に隙を見せる技だから相手がそこに漬け込んで半端な数値のポケモンを後投げしたり補助技をうったりする相手が多い。それを咎められるのが剣舞。1舞でハガネZポリゴン2カバルドン、2舞でナットレイテッカグヤが落ちるケースが多いのだけど今ではあんまり後投げしてくる人はいないかな?加えて副産物として影撃ちの威力上昇を得られる。ステロを撒いて舞えばリザードンを良い乱数で落とせたり、そもそも下から動くことが弱点ではあるけどそれを解消できたりするのね。
言ってしまえば「ギルガルドの処理が怪しい相手を咎める」事が得意なポケモンって感じかな。僕の認識としてはこんな感じ。残飯は元々有利な相手に対してしっかり勝ち切れる型、対してハガネZは対応範囲は少し狭まったり有利な相手に対して負けるケースがいくらか出てくるけど一部の怪しい相手に勝てるようになる。抽象的な話でまとめるとこんな感じですね。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plain
取り巻きは変わるの?って話だけどまず、舞ガルドを使うならステルスロックが補助として欲しい。これはハガネZの乱数を有利にしたり、舞影撃ちの抜き性能を上げる効果を得られる。つまりは構築単位でカバルドンを選出しやすくして、ステロを撒く機会を増やすことが大事になってくるのね。
f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20160703214802p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plain
どういう構成にすればカバルドンでステロが撒きやすくなるだろうって話。まずは「ステロ+砂+舞影撃ち」でリザードンを落とせる点に注目したい。リザードンの相方って基本的にはメタグロスがいるはずなんだけどボーマンダが不利を取る。そこで相手のf:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20170703005304p:plainf:id:kiossamu:20160925010154p:plainに対してギルガルドで崩すっていうルートを取れると嬉しいよねって話。カバマンダにハガネZガルドを組み込んだHappy*Canvasがどこまで意識してるか分からないけどここは意識してたんじゃないかな?ちなみにシーズン6にいたカバリザグロスの有名な並びって、
f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160703220050p:plainf:id:kiossamu:20160925010154p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20161220162608p:plainf:id:kiossamu:20161220162638p:plainこれだったんよね。ステロ撒いてちゅいんちゅいんでボコせるね。

で、これに対して「ステロを撒く」→「ギルガルドで舞う」のルートを取りたいからカバルドンでいかにステロを撒けるかって話。だからカバルドンリザードンに対して動ける配分、つまりはD方面にそこそこ厚く振りたいよね。Happy*Canvasカバルドンを慎重で運用してたけどここらへんは強く意識してたと思う。分からん。気になった人は本人に問い合わせてみて。加えてカバルドンを安全に着地させる、相手のゲッコウガキノガッサを流せる取り巻きを選択できるのがベターだね。だから自然とカプ・コケコとかスカーフツルギで圧をかけに行ったりするんじゃない?てか俺はそうしてたね。
シーズン7は最初はハガネZで運用してた。でも相手のアーゴヨンが辛かったりゲッコウガを誤魔化したいとか考えるようになったとき生意気ガルドの配分案を入手したんよね。特殊方面のポケモンに対して後投げしてそこから展開みたいな試合がやたら肌にあってたからハガネZは解雇って流れ。サイクルに参加させるにはHAじゃ耐久は足りないかな~って事。それだけ。
【拙稿】
【ボスラッシュ使用構築】マンダ軸カミツルギパーミッション(S7最終2094) - 有利対面 はたきおす

 

【結局】
残飯とハガネZでは性質も運用方法も違うし、構築単位で型が変わる。そして取り巻きも言った通り剣舞だったらそれなりの補助が必要。ただ、食べ残しの場合は配分にもよるけど補助に回るケースが多いのかな。クッションやアーゴヨンに対する切り返しとして運用するケースが多くなる。そんな感じ。

怪しい内容になってしまった。ポケモンのお題は難しい…

 

まだまだ募集してます。

odaibako.net

 

シーズン6の変遷記事を更新しておきました。7は日曜日投稿予定です。

変遷言うけど流行った物リストみたいになってしまうし、才能が欲しい。