不利対面 はたきおす

初見さんへ トップ記事は必読です

【加害・事故・被害】オニゴーリってなんでこんなに増えたんですか

f:id:kiossamu:20160919180048p:plain
多すぎた。確実に多すぎる。なんなんだお前。

って文句は誰にでもあると思います。

・そもそも
ゴーリを使う事って悪い事なんですか?

世間的にはゴミ人間などプレイヤーをdisる声もあれば、ゲームを衰退させるなどのコンテンツを心配する声もあったりする。一応僕自身のこのポケモンに対する意見を言うと、

「まぁ、つえーポケモンだと思うけど俺は採用しない、採用したいならすればいいんじゃない?」

的な感じに落ち着く。ちなみに最後の守るで有効箇所を引かれてそのままゲームエンドとか歌ったところに零度とかは普通にキレる。だって運負けやん?相手のラス1グロスがこっちのポケモン怯ませてきたらキレるのと同じ部類。まぁだいたいしゃーないケースが多いんだけどそれはさておき。

ポケモンにはそれぞれ最大値ってものがあって、オニゴーリはそれの出し方が容易ってのが今回の内容。マジで当たり前の事しか書いてないけど。

さて、例えばメタグロスギャラドス
f:id:kiossamu:20160925010154p:plainf:id:kiossamu:20160925014002p:plain
このポケモンのメインウェポンであるところのアイアンヘッドや思念の頭突きには怯みの追加効果があってそれはこれらのポケモンの性能を引き上げる。これらは加害的ポケモンとする。

f:id:kiossamu:20160925010550p:plainf:id:kiossamu:20160617014810p:plain
逆にこれらのポケモンは最大値を確保しようとするとリスクを伴うポケモン。これらは事故的ポケモンとする。

f:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20160116191332p:plain
そして最大値はプレイヤー次第で出せるが相手の最大値への対応が難しいポケモン。要は相手によるファンブルが多い。これらは被害敵ポケモンとする。

被害的ポケモンが最大値を出せるかってのはプレイヤーの腕一本、急所や追加効果がない代わりに数値が高かったり唯一無二の性能を持つ。もちろんそのどちらかが無いとキャラランクは大きく下がる。対して加害的、事故的ポケモンはプレイヤーが干渉できない範囲で性能が上下する。もちろんこれはポケモンによって度合いが変わる。

僕自身がボーマンダやゲンガー*1を好んで使う理由ってのが、求めている性能を自分の手で引き出せるから。採用したポケモンに「これだけ活躍してくれ」というラインがあってそこまでの性能を自分の手だけで引き出せるところに魅力を感じる。

さて、ここでオニゴーリはどこに分類されるのかと言うと加害的なポケモンに分類される。この3種類を前提に話を進めるのでここで「は?」ってなったらブラウザバック推奨。

次にオニゴーリとゲームシステムの関係。一般的なオニゴーリの型は、

f:id:kiossamu:20160919180048p:plain@たべのこし むらっけ
フリーズドライ / みがわり / まもる / ぜったいれいど(じしん)
である。ポケモンというゲームに限らずターン制のゲームは基本的に自分の一つの行動あたりでどれだけ多くのアドバンテージを稼げるかが勝敗に直結する。で、あるからたべのこしというアイテムがポケモンというゲームにおいてかなり強い部類である事も明白。盤面で8ターン以上行動するポケモンであればピンチベリー以上の効果を発揮する。
f:id:kiossamu:20170725221829p:plainf:id:kiossamu:20160116191424p:plain<^ ^/
加えてオニゴーリの特性のむらっけだが、1ターンに1度能力が2段階上がり1段階下がる。そして最後にまもる。まもるは1ターンの間相手の行動を受けない。1ターンで得られるたべのこしとむらっけのアドバンテージを無条件に獲得できる。

f:id:kiossamu:20160731000512p:plainf:id:kiossamu:20160925010154p:plain
同じ部類のギャラドスメタグロスは自らが行動しなければアドバンテージを確保できない。オニゴーリは盤面にいるだけでアドバンテージを確保できる。

ここまで書けばもう強い。どの対面でも、どの盤面でも最大アドバンテージを稼げるポケモンはこのポケモンしかいない。ボーマンダもゲンガーも一定のポケモンの前ではどう行動してもアドバンテージを稼げないがゴーリは違う。いかなるポケモンの前でも莫大なアドバンテージを獲得できる可能性がある。
そしてその手軽な運用方法、みがわりという技の性質上自分より遅い相手にはまもると同等の性能を発揮する。

でんじは、がんせきふうじ、こごえるかぜと言った技の性能は決して低くない。あくびなどもみがわりと相性が良いし性能も極めて高い。構築をオニゴーリに寄せる際に構築全体のパワーをそこまで落とす必要が無い。
f:id:kiossamu:20160919180048p:plain
増えた理由は簡単で強いから。このポケモンで得られるアドバンテージが極めて大きいから。それに気付いたプレイヤーが増えたからゴーリも増えた。呪いがしんどいだの滅びが無理だの言うがそれはオニゴーリに限った話ではない。盤面に居座るポケモンすべてがそれらの技を苦手とする。

・上振れ、下振れ
DCG*2の影響でポケ勢に浸透した言葉。オニゴーリでこれを狙うのは余りにも非効率的。

f:id:kiossamu:20160925010154p:plainf:id:kiossamu:20160611151053p:plainf:id:kiossamu:20160604222345p:plain
時間は有限であり、加えてオニゴーリは試合時間が長くなりやすい。対して対面的な構築はサクサク進むため必要時間が短い。対戦数を稼がなければ上振れを見込めないのは経験的に分かると思うが、オニゴーリは上振れを狙わなくてもアドバンテージを無条件に獲得できるポケモンであるため上振れを狙うためにゴーリを運用するのは間違い。むしろ、常に一定の性能を得られるのだから継続的に使ってこそ性能を発揮する。一応だけど「上振れゴーリ」はいる。それはどのポケモンも一緒。ボーマンダも急所をやけに引かないのは上振れ。12回攻撃を貰ったら1回は急所を引くのが普通。
上振れを狙うならもう少し適任のポケモンがいる。はず。

 

・ゴーリを採用しない理由
美しくないから。ポケモンでやる必要が無いから。別ゲーで同じことができるから。

幸い僕は運が良いのでオニゴーリに泣いたケースはそこまで無いです。あと気になってるんですけど、ラス1ゴーリでこっちがステータス変動なしの速いポケモンの対面ができた時ってゴーリ視点勝ち濃厚なんですかね?僕は自分の方が有利だと思ってるんですけど、ゴーリはプレイングが大事ってよく聞くしそこから負けるケースもわりと記憶にあるからこれで負けた時に運負け主張できるかが分からん。

ゴーリはプレイングよりもそれに伴うメンタルとか算数の方が難しいと思います。強いポケモンだから適当にやっても強い時は強いんですけどね。

オニゴーリは殆どのポケモンに対して同じ動きで戦えるって性能があまりにも素晴らしいし偉いですよね。

 

追記
マーシャドーシャドースチールが最強だからみんなで使おうな。

 

*1:滅びに限る、鬼火は事故的、催眠は加害的、凍えるかぜはプレイヤーによって評価が変わるが個人的には事故的、気合い玉は加害的

*2:デジタルカードゲーム