不利対面 はたきおす

初見さんへ トップ記事は必読です

正確に、速く、強く

 プレイングの選択には3種類の意識があります。それがこの「正確に」、「速く」、「強く」です。これらは決して竦んだりしませんし、それぞれがそれぞれの性質を補いどれも決して欠けてはいけません。それぞれの要素を説明すると。

・正確に
ブレないプレイングであり、基礎になるプレイングです。公開された情報に基づいてポケモンを動かします。他の2つとは仲が悪そうですが、「強く」はこの「正確に」の上に乗っかって来るものがほとんどなので決して切れませんし、「速く」もこの意識が無いと目的達成にはつながりません。

・速く
ターン制のゲームだと目立たないですが、ポケモンだと「早くレートを上げよう」、「勝率を高めよう」と効率的な方法を求めるために一定のリスクを切る志向です。これを求める上では他の2つの要素は切れません。これが先行してしまうと勝ちにくくなることはみなさんは経験的に把握していると思います。

・強く
勝ちに行くために「最も勝ちに繋がりやすい」選択肢を模索するプレイングです。どの選択肢にも「リターン」は含まれていますがその中で大きい物を選択する志向と言えるでしょう。「リターン」の把握には「正確に」の思考が必要ですし、結果として「速く」に繋がる要素です。
 これらの要素のどれがゲームに大きく影響してくるかはゲームによって影響してきます。タイムスポーツに関しての「速く」の意識は「強く」より意識されるでしょうし、逆にターン制のスポーツに関しては「強く」の意識が重視されることが多いでしょう。ただ、「正確に」の意識は絶対に落としてはいけません。繰り返しますが「速く」も「強く」も「正確に」の上に乗って来るものだからです。
 どのコンテンツにも言えることですが、初心者がまず上達するためには「正確に」の思考を学ぶのが正解ですし、仮に「強く」の選択肢から学んでも「正確に」の志向を拾う事は上達するための必須だと言えるでしょう。

 さて、ある程度ゲームをこなすと「正確に」の要素を軽視するプレイヤーが山ほどいます。「強く」の意識が「正確に」の上に乗っている事、「正確に」の選択肢を逆手に取る事が容易で最大リターンになる事が多いからだと考えています。

f:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20170904011330g:plainf:id:kiossamu:20180421103942g:plainf:id:kiossamu:20160611151449p:plain

 コケコサザン対面。コケコは大地の力を、サザンドラマジカルシャインを撃たれる可能性があります。もしお互いにスカーフを持ち対面操作技を持っていればそれを押す事も考えられますが、コケコが拘りスカーフを考慮して大地の力を空かすためにボーマンダに引くこと、サザンドラが拘りスカーフを持ちつつ大地の力を押すこと、ボルトチェンジマジカルシャインを考慮してカバルドンに引くことはそれぞれの「正確な選択肢」に近い物と言えるでしょう。
 しかし、コケコ側のマンダ引きが成功してしまうとサザンドラ側は大きくアドバンテージを失ってしまう状況が生まれてしまいます。ですからここで「強く」の意識である流星群を撃つ択がサザンドラ側が取る事は納得できない事でもないですし、それが極めて通りやすいのであれば「速く」の意識をする上で重要な選択肢になって来るとも言えます。

 ここから先は個人の領域ですが、僕自身はサザンドラ側が流星群を撃つことが「プレイヤーにとっての悪手」だと考えています。何か明確な理由があって流星群を撃つのであればともかく、ボーマンダがいない可能性がある状況で、コケコが耐久に振っていて突っ張る可能性がある状況で、そもそもコケコがスカーフ大地を考慮せずに上からマジカルシャインで殴ってくる可能性まで考えると決して賢い選択をは言えないと思いますし、そもそも「マンダ引き」以外の選択肢には対応できていません。
 裏目が多い選択肢を通すことは「読み」では無く、どちらかと言えば「博打」の要素が極めて大きいと言えるでしょう。僕自身はこのような選択肢を取るべきではないと思いますし、取らざるを得ない構築は組まないようにしています。だからメジャーな構築に対してはある程度立ち回りを決めておける構築こそ理想であり目標にするべきでしょう。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20160703214802p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plain
カバスタンすこだw

 話を戻すにあたって「正確に」の行動の弱さが気になります。ですが決して弱い行動ではありませんし、むしろ勝つためには必要不可欠な要素です。ではなぜ「正確に」の意識で行動することが弱く感じるのでしょう。答えは簡単でそれが本当に「正確なプレイ」では無い事が多いからです。それ以上でもそれ以下でもありません。

 ポケモンにおいての優先順位は「正確に」>「速く」>「強く」でしょう。「正確に」の意識で見える範囲の広さこそがプレイヤーの強さを示す指標であると僕は考えています。そしてポケモンにおいてそれはプレイングだけでなく構築段階から、先述の選択段階から発生しているのです。強さも速さも後からいくらでも乗っけられますからね。