不利対面 はたきおす

初見さん、トップ記事は必読です。トップ記事にお題箱があるので扱ってほしい話題がある方がいましたら是非。

レート小話7-2

メンタル面のお話

 

Twitter

対戦中は絶対に開かない。対戦に関わる情報は一つもない。ツイートもしない。思った事は指ではなく口から出す。ココ最近は不愉快な事が多いらしいので尚更。

そして一通り潜り終えるまでも見ない。対戦挨拶によるメンタルブレイクを拒否。

僕はFFの人と当たっても平気でイラつくので対戦挨拶はしない。レーティングバトルは一応匿名性があるのでそれを尊重する意味もある。

・但し

生主には警戒する。パーティ映りを拒否するなら監視下に置く。視聴者型を誤認させたいなら積極的にスナイプする。パーティ有利で当てに行くのはマナー違反。そもそも自分の為にならない。また、休憩の時も思いっ切りクールダウンしてしまうとまた潜る時に支障が出るため放送を見ながら気楽に選出予想や立ち回りにケチを付けて楽しむ。

もし何も警戒しないで当たってしまったら全力でやろう。初手降参のあの独特な雰囲気まぁまぁやばいってのと最近はトス関係の問題もあるのであんまりね…?

・勝てない病

まず溶かし切る前に撤退する。必ず辞める。明らかにおかしいと感じたらその点をメモしてスグに20~30分以上の休憩を入れる。その後BVと照らし合わせて確認作業及び反省を行う。ただのプレイングミスなのか、それとも何か悪い物が取り付いているのか、きちんと確認する。

・それでも溶かしきってしまいました…

最終日なら撤退。それ以外は諦める選択肢は無い。最終日2200狙うなら1800からでもいけるらしい(某チョコレートさん談)

まずは自分の体調を確認。お腹が減っているか、体が火照っているか、体が痛くないか、眠くないか。まずはそれのケアを行う。

次に身の回り。散らかっている机、踏み場のない床、汚い画面、キーボード、マウス。これらの掃除を行う。時間が無いのは確かだけど、一度ポケモンから離れるべき。少しはゴミ箱に溜まったティッシュを片付けておこう。わぁばっちぃ。

 

今回はここまで。なんでこういうことをしなきゃいけないか分からなかったら考えてみましょう。