不利対面 はたきおす

げに毎日が日記日和

採用理由と実戦

f:id:kiossamu:20160116233725g:plain f:id:kiossamu:20160116233952g:plain

構築段階で再現性が高い動き、ギミックを想定して構築を組み上げる。

 

これは構築を組み上げる上でかなり大事な部分だと思っている。

 

けど、机上論は数えられる量しか考えることはできない。

 

ではその数えてない部分はどう立ち回るのかと言うとそれは結局プレイヤー力に頼ることになるんじゃないかなと考えている。

 

膨大な机上論を背景に置き対戦を進めることは極めて重要だ。しかし、それには限界があるし(成長はできる)、アドリブに頼った対戦が必要になることは多々ある。

 

もちろんアドリブに頼れば頼るほど勝率は落ちる。いや、語弊がある。安定しなくなる。所謂感覚派プレイヤーと言われる部類の人間であっても、ある程度の経験則や自論と言った名の自分なりの机上論が存在し、言語化ができていなくてもそれをもとに戦う。

 

自分が知らないフィールド、盤面に立った時こそプレイヤー力が試される。

 

ピンチの時、救ってくれるのは自分であり、救わなければならないのは自分である。

 

 

まぁプレイヤー力って努力じゃ身に付かないと思ってるし、それこそ才能の問題だと思うんですけどね。

 

でもゾーンってあるじゃないですか?あれってプレイヤー力を最大限に引き出せる魔法だと思うんですよ。

 

自分のそれの引き出し方、高め方を把握できてる人はめざせそうですかね。