とおりゃんせ

げに毎日が日記日和

勝ちたい負けない

釣り交換と安定行動

 

やたら淘汰される釣り交換

 

火ノ丸相撲を読んで思ったことがある。

 

天王寺獅童の相撲は負けない相撲。相手を研究し尽くし出方に合わせて動く。自分は動かず当り前のように勝利する。

 

もちろんやるべきプレイングはこれであって目指すべき物でもあり。ただ、彼でも草薙(強い人)と当たった時は違うプレイングをする。

 

王座から立ち上がり、危険を犯してでも勝ちを拾うプレイング。

 

強いひとと当たって安定行動だけで勝てるかと聞かれたらそんな事はないと思う。むしろ逆で読まれるとか以前にプレイヤースキルに差があるわけだから勝てない。

 

強い人は釣り交換を嫌う。三角交代を嫌う。ただ、これはやられたらキツイから嫌うわけであって実際求められるプレイングでないから美しくない。

 

実際このプレイングをやっても強く離れない。安定行動だけをひたすらに取り続けることが大事であり、上達する一番近い道だとは思う。

 

安定行動は大事だ。基礎だ。疎かにする人間は絶対に勝てない。

 

でも勝利に飢えた人はやる。普通にやったら勝てない相手。そんな人はいくらでもいる。多少のリスクを背負っても勝利への飢えから出てくるプレイング。

 

もちろん安定行動を理解した上でのそういうプレイングが大事になってくるわけだけど、僕は評価したいなと。

 

 

負けないプレイングではなく勝ちたいプレイング。何事も釣り合いが大事。