とおりゃんせ

げに毎日が日記日和

鉢巻ゲッコウガ

普通のそれとは全く違うのは当たり前なんだけど、なぜ範囲狭いくせに初手で投げないと活躍できないあのポケモンが何とか機能するのかってのをぱぱっと

ってのは簡単で蜻蛉返りをもっているから。
もし、振り対面を作ったら相手より早ければ引けばいい。し、単純な後出しより若干アドバンテージの損失が小さい。

そしてゲッコウガの長所は選出画面での圧力ということを証明している。ボーマンダはほぼほぼ来ないし、ガブリアスもスカーフがほとんどだった。
ゲッコウガを見たら相手はゲッコウガが重たくない選出をしなきゃいけないから自然とそうなる。

初手で来るポケモンもだいたいガッサかガルーラかポリクチあたりだったし、ポリクチに関してはヒードランっていうスペシャリストがいるから選出は読みやすくなる。やっぱりヘラクロスが重いから燕返しのほうが良かったのだろうか。
ダストシュートでも良かったけど。

と、言うのもダストシュートはミトムへの打点になる。これが地味に大きい。

んで、なにより先制技。水手裏剣で抜いていくことが何戦かあった。範囲が広い炎タイプのストッパーになるのは大きい。

元々の採用理由は一個だけで、ABガルーラをワンパンしたいということだけだった。当時の環境ではゲッコウガを見る方法はガルーラで無理やりか、キノガッサで削って裏に回す、数値受けの何れかで、ほとんどのパーティは数値受けがいない事に気付いたためこのポケモンを運用することに。

と、いうわけでこの理由意外は後付けである。採用前までにこれくらい考えられるようにしたい。