読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷空は蒼、大地は桜

反省をたくさんするたかきおすのサブブログ

にわかによる6世代のラティハッサム分類

考察

少しだけ需要がありそうだったので。

まず、6世代最初に結果を残したのは眼鏡+メガ
これは「普通の」ラティハッサムと言われる。

6世代ラティハッサムの起源はこれであり、Twitterの誰かがラティハッサム始めたって言ったらこれを想像すれば9割方間違いない。
ちなみにガルーラで壊滅する。

そしてラティハッサムのテンプレートと言われる某実況者のあれ。
ラティハッサムバシャサンダーランドスイクン
他にもこの並びを考えていた人はいたけど、ブログより動画のほうが広まりやすいのは明確であり、グ○パと言えば伝わってしまうから仕方がない。

決して強くは無いが、昨シーズンもこれで2100に到達している人はいるし、弱くはない。

普通のラティハッサムを組むに当たってはわりとこれをスタートにするのはアリ。それぞれの型を変えやすいのもポイント。

ちなみに、なぜ普通のラティハッサムがやたら人気なのかと言うとメガガルーラがテンプレートに入ってない構築だからマイナーポケでレートに潜る人が好んで使うというカラクリ。まぁ普通にやっても勝てるわけない。

と、いうわけで、展開系のゴツメラティオスハッサムと対面のメガラティオスハッサムは基本的に見向きもされない。


展開系は対面からガルーラに勝てる鋼タイプ積みアタッカールカリオがいるし、対面は言うまでもなくガルーラの補完であるから「そういう」層には支持されない。(一応ルカリオとの差別化はいくらでもできる)

今の強いラティハッサムは明らかに後者の2つなのに、普通のラティハッサムを少し使って「これのどこが強いんだ?」って言ってるのを見てると悲しい気持ちになります。


ある人も言ってたけど正直上級者向け構築みたいなところはある( )

まぁトンボルチェン自体戦術としては特殊ですし、舞ハッサムルカリオに比べれば最高火力が足りないですし、メガラティオスも普通に使ったらメガラティアスの劣化ですし。

まぁ環境トップにならないあたり色々察するんですけどね。

それでも勝てることはみんなで証明してるので決して弱くはないと思います。
オフで優勝して2200もちょろちょろ出てる並びが弱いわけないです。

ハクさんが徐々に復帰してるので楽しみです。

あの人のフレンドコードが欲しい。