不利対面 はたきおす

初見さん、トップ記事は必読です。トップ記事にお題箱があるので扱ってほしい話題がある方がいましたら是非。

【環境変遷】シーズン7「新環境」

シーズン6とは一変、新作が出たことにより新たに3匹のポケモンが追加、加えて既存のポケモンに教え技が追加される。その中でも注目されたのはアーゴヨンズガドーンではあるが、ズガドーンは早々に環境から姿を消し、アーゴヨンも大文字の命中不安や火力不足といった問題が明らかになり、シーズン序中盤は数が少なかった。

f:id:kiossamu:20171127151823p:plain
加えて教え技に関してだが、フェローチェはその恩恵を最大限に受けたポケモンと言っても過言では無い。

f:id:kiossamu:20180526033947p:plain

【USMシーズン7使用構築】テテフフェローチェwithステロドランG2【最高/最終2149】 - Parareru Box

ドリルライナーを得た事でゲンガーやギルガルド、カプ・コケコに対する打点を手に入れた。すぐに目だった結果を出すことは無かったがシーズン9における重要な要素になるためここで確認しておきたい。

そしてなにより注目したいのはカミツルギのはたきおとすである。

f:id:kiossamu:20170725222026p:plain
S7使用構築 カバパ 最終2175 12位 - 10秒でツイ消し
【S7最高2203】月牙天衝リザグロス【最終8位】 - 燃え尽き症候群

カミツルギ自体はメインウェポンがリーフブレード、スマートホーンと言った技しか無く技のタイプの都合上相手のサイクルに負担をかけにくいなどの問題があった。しかし、はたきおとすを得た事により「こだわりスカーフ」を持ったカミツルギが爆発的に増え、様々な構築で採用された。

・カバマンダ

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20171024184424p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plain
このシーズンで最も多かった構築と言っても過言では無い。HD基調のメガボーマンダと木の実カバルドンを軸としたこの5匹の並びは、その圧倒的な対応範囲が多くのプレイヤーを魅了し、レート環境において爆発的に数を増やすことになる。

【USM】S7使用構築 カバマンダ - e_li_poke’s diary

【USM】シーズン7使用構築 カバマンダ【最終2207-5位】 - 攻撃こそ最大の防御

しかし、このシーズンのカバマンダは環境を支配していたもののメタ対象となってしまう。あまりにも数を増やしすぎたがために全プレイヤーは対応を余儀なくされるが、終盤、このシーズンにおける勝ち馬となったレヒレグロスが現れた。

f:id:kiossamu:20161220162618p:plainf:id:kiossamu:20160925010154p:plain
S7使用構築 ロトムレヒレサイクル【最高最終2212】 - 自覚ポケモン育成計画
【USMs7】-Death by Grossland|積みリレー偽装構築-【最終2162】 - re:mote place

コンセプトこそ違う物ではあるがカプ・レヒレカバルドン軸の構築に対して非常に刺さりが良い事、加えてメタグロスボーマンダに対する性能が評価されこのシーズンで勝ち星を挙げた。

・受けループ
カバマンダの性質上、物理アタッカーのボーマンダが飛行技のみであったこと、特殊方面で爆発的な火力を出すことが無かった事、そもそも長期的なサイクルが直近で結果を残していなかったためマークが薄かった事、環境単位で崩しが減った事により受けループが大躍進をする。

【最高2172】受けループ - Keemaでcurryな受けループ

s7シングル 最高&最終2200最終10位 ✝︎ИaturaLoop✝︎~純正ヲ極めし者~ - LeonLoop@CLAIRE

 

・余談
このシーズンで爆発的に数を増やしたカバマンダだったが、連続でマッチングするほど同じ並びが流行ったのは、参戦キャラが比較的多い今作において初めてであり、この並びを使っていなかった一部のプレイヤーはかなりのストレスを感じることになった。特にカミツルギが入ったカバマンダを「共有パ」と呼ぶプレイヤーが現れ物議を醸すこととなる。特定の並びに対して個別の呼称が付くことは名誉とされるケースがこれまでは多かった物の、この呼称には嫌悪や脳死などの意味を含めて使ったのが始まりであり、この並びを使用したプレイヤーもだが、使用せずとも不快感を持った人間は一定数現れた。

それはさておき、一つの並びがここまで爆発的に流行ったのは7世代において初めてのケースであり、7世代を振り返る上では必ず拾っておきたい。この後はカバマンダにおけるミラーマッチについての考察が為されるがカバマンダの扱いの難しさに加えて、異常なバンギラスメタグロスの増加により自然と数を減らすことになる。


・ほかの教え技ポケモン

f:id:kiossamu:20161220162618p:plain
こごかぜレヒレ
スイクンが持ててレヒレが持てない技であった「こごえるかぜ」だが、レヒレが習得に成功。ミミッキュに対してこごかぜ→ミズZでおおきな負担をかけられるようになる。

f:id:kiossamu:20171114162908p:plain
イカサマウツロイド
話題になったが構築記事ではあまり見かけていない。メタグロスに対する打点として極めて優秀。

f:id:kiossamu:20170908141809p:plain

光合成カプ・ブルル
受けループ、長期サイクルに組み込まれるケースが多いカプ・ブルルに高速回復ソースが与えられた。ルーパー間で話題になった物のレートではあまり見ない。

f:id:kiossamu:20180526101748p:plain
地獄突きペンドラー
バトンパへのメタとしての滅びの歌をとがめるための地獄突き。やはりあまり見ない。