不利対面 はたきおす

げに毎日が日記日和

【トップ記事】サブブログ

こんにちは。

 

ここはとある人のサブブログです。

 

基本的に転載禁止。リンクは許可制です。

アンテナ登録は窓用、個人用でしたらご自由にどうぞ。

不穏案件に対する意見。飲み会まとめ、大会やレートの反省、ポケモンについての日記とか色々と書いています。

 

少し臭いかもしれませんけどおつきあいください。

 

この記事は表で扱いたいなと思ったものに関しては表に投げたりします。

 

あとはこの記事を表に出して!ってのがあればコメントでもいただければ表に出すかもしれません。

 

書いてあることに関して色々思う事があるかもしれませんが、見たいひとしか見てないはずなので、記事を読んで不愉快になったら自業自得ってことで◎

f:id:kiossamu:20160116233725g:plainf:id:kiossamu:20160116231702g:plain

7世代環境変遷まとめ

環境変遷をまとめてみました。

自分用ではありますが多少は体裁を気にしてみたので見ていただけると嬉しいです。

 

【7th環境変遷】シーズン1「解禁前環境」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン2「炎タイプとステルスロック」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン3「ボーマンダ天下」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン4「ミミガッサの誕生」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン5「カバリザの復権」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン6「サイクルの崩壊」 - 不利対面 はたきおす

 

・思ってる事

こういうのって歴史的文献としての価値が生じると思うんですよね。いや、これらの記事が優れているという訳ではなくてこれしか無いって状態だからです。

当たり前の事ですが主観による部分が多くどうしても個人によって見解がずれている可能性があります。もしこれらの記事でそういう事が生じていた場合は今後この記事に触れた人が勘違いしてしまうかもしれません。

つまりは何が言いたいかと言いますとみなさんがこれを書いてください。色々な人が書いて様々な観点からこのゲームを振り返りましょう。そうすることでこのゲームにどのような歴史があったのかが明確になります。

間違っている事を書いてしまうと恐れる人が居るかもしれません。しかし、それらは参考文献に反していない範囲ではれば間違いではないと思います。どの振り返り記事も結局のところ主観による記録でしかありませんし、自己紹介よりかはこういった「自分の対戦観」をみんなと共有したいと考えこのような記事の執筆に至りました。

ですからここまで長々と書く必要は無いと思いますが皆さんにもいくらか書いて欲しいと考えています。

みなさんが書くことでこれらの記事の正しい部分が引き立ち、間違っている部分が明らかになります。歴史の振り返りは決して1人で成り立つものではありません。多数の観点によってはじめて明らかになる物だと私は考えています。

レート小話7-3

・初めに環境的な

f:id:kiossamu:20160612211912p:plain

Warning !!

スカーフダストがおおめ。配分はまちまち。上からの遂行をするときは最低限のケアをしたい。特にコケコやスカーフテテフを使ってる人。

並びでケアしたい所存。

 

f:id:kiossamu:20160703214802p:plain

型の判別を早急に行う。加えて自分の構築における処理ルートを特に確認しておきたい1匹。アイテムや行動から速やかに型の予想を立てたい。

 

・再戦、型バレ

まずは全体応する。対応できなくなった際に初めて考慮。

ただし、再戦であることは意識するべき。

 

・運だけ

f:id:kiossamu:20160919180048p:plain

今期限りの命、落ち着いて対処する。ただし、事故った時はきちんと発散し切る事。絶対に次に持ち込まない。プレイヤーは鍵垢で盛大にdisろう。

 

・タイムライン

数々の達成報告が流れてくる。ただし、順位は最終レートで決まる。覚えておこう。

 

最悪Twitterを見ない事も選択肢。全員が敵。信用していいのは自分だけ。ただし、同じ窓の人、お友達は頼っていこう。

凍ったぁ!!

あわてるな、まだ勝筋はある。

まず解凍率は3割。平気で溶けないからただのクッションだと思ったほうが良い。

 

まずその対戦における凍ったポケモンの役割を確認する。どのポケモンでどのポケモンを相手にしているか。ついでに他の2匹の役割も把握。

凍結は試合が始まってからでないと起きない。ある程度試合が進んでいるのであればそこからの試合展開をすべて予測しよう。

 

・仕様

凍ったポケモンのタイプを確認。炎が痛手にならないのであれば炎技への後投げを試みる。また自身が凍った時に回答手段(熱湯など)があるのかも確認。

 

・そもそも

氷技にポケモンを後投げしてはいけない。そういうリスク。選出段階で氷技に後手を取らない選出を心がけよう。ただしこれは余裕があるとき、この考え方が極端に無いもしくは選出画面でかなり考えてしまう場合は精神的に良くない。

 

運負けを運負けと割り切る努力。ただし試合前はこれを無くす努力をするべきだし、試合の後はそれがきちんと運負けだったのか、それとも要らない負け筋を作ってしまったのかを確認する。

 

ゲッコウガってポケモンほんとにな。あとギャラドスルカリオ

 

・そういうアレ

f:id:kiossamu:20160815010649p:plain
氷技の被弾数の増加

f:id:kiossamu:20160604222345p:plain
急所で試合が大きく崩れやすい

f:id:kiossamu:20160617014810p:plain
技外し

f:id:kiossamu:20170703005305p:plainf:id:kiossamu:20170703005306p:plain
比較的優秀

f:id:kiossamu:20170703005301p:plain
芸能人

f:id:kiossamu:20160223173049p:plainf:id:kiossamu:20160925014002p:plain
数値が足りない傾向にある

f:id:kiossamu:20160925010154p:plain
ダメだって言ったじゃああああんんん!!!

レート小話7-2

メンタル面のお話

 

Twitter

対戦中は絶対に開かない。対戦に関わる情報は一つもない。ツイートもしない。思った事は指ではなく口から出す。ココ最近は不愉快な事が多いらしいので尚更。

そして一通り潜り終えるまでも見ない。対戦挨拶によるメンタルブレイクを拒否。

僕はFFの人と当たっても平気でイラつくので対戦挨拶はしない。レーティングバトルは一応匿名性があるのでそれを尊重する意味もある。

・但し

生主には警戒する。パーティ映りを拒否するなら監視下に置く。視聴者型を誤認させたいなら積極的にスナイプする。パーティ有利で当てに行くのはマナー違反。そもそも自分の為にならない。また、休憩の時も思いっ切りクールダウンしてしまうとまた潜る時に支障が出るため放送を見ながら気楽に選出予想や立ち回りにケチを付けて楽しむ。

もし何も警戒しないで当たってしまったら全力でやろう。初手降参のあの独特な雰囲気まぁまぁやばいってのと最近はトス関係の問題もあるのであんまりね…?

・勝てない病

まず溶かし切る前に撤退する。必ず辞める。明らかにおかしいと感じたらその点をメモしてスグに20~30分以上の休憩を入れる。その後BVと照らし合わせて確認作業及び反省を行う。ただのプレイングミスなのか、それとも何か悪い物が取り付いているのか、きちんと確認する。

・それでも溶かしきってしまいました…

最終日なら撤退。それ以外は諦める選択肢は無い。最終日2200狙うなら1800からでもいけるらしい(某チョコレートさん談)

まずは自分の体調を確認。お腹が減っているか、体が火照っているか、体が痛くないか、眠くないか。まずはそれのケアを行う。

次に身の回り。散らかっている机、踏み場のない床、汚い画面、キーボード、マウス。これらの掃除を行う。時間が無いのは確かだけど、一度ポケモンから離れるべき。少しはゴミ箱に溜まったティッシュを片付けておこう。わぁばっちぃ。

 

今回はここまで。なんでこういうことをしなきゃいけないか分からなかったら考えてみましょう。

レート小話7-1

毎シーズン恒例のアレ。今期もやっていくぞ~。

 

・メンタル
まずは落ち着くこと。パーティを信用する。それであれば結果は付いてくる物。

運が良い時は調子に乗る。運が悪い時はとことん凹む。寝る。

この時期にレートが溶けきったら二度と戻れないことを覚えておく。死ぬ前に逃げる。

 

・匿名性
非常に重要。同じパーティでもいくつかパターンを用意しておく。と、同時に相手も組み替えてくるから必ずケアできる盤面ではケアを怠らない。トップメタを使う理由の1つ。

 

・環境的な

f:id:kiossamu:20160925014002p:plain
落ち着いて対処する。数値が足りないから必ずプレイングで捲れる。

f:id:kiossamu:20171127151823p:plain
減ったけど油断は禁物。構築内で必ず回答を用意しておく。

f:id:kiossamu:20160703215810p:plain
増加気味。選出時の処理ルートの確保を怠らない事。落ち着いて引いて対処する。

f:id:kiossamu:20161117014858p:plainf:id:kiossamu:20170725221829p:plainf:id:kiossamu:20170908140612p:plain
その気になればPPを枯らすルートを考える。枯らす最中でも最善の行動を心がける。

f:id:kiossamu:20160925010154p:plain
見かけたら上から殴る選出を心がける。下からの遂行は控える。

f:id:kiossamu:20160815010821p:plain
鬼火が多め。これも数値が無いから落ち着いて対応する。

f:id:kiossamu:20160815010544p:plain
型が増えた。相手の構築、立ち回りから持ち物が推測がしやすい事を覚えておく。

f:id:kiossamu:20160815010649p:plain

運用に当たっては数値を信用しよう。

 

f:id:kiossamu:20150803094022g:plain

乗っていきなよ

ブーン(^ω^)

 

選出画面で弱気にならない。必ず活路はある。そういう構築。

キャラランク USUM-S1

不眠症なので寝る前にてこてこ書きます。

今まで春夏秋冬言ってたけどあれ分かりにくいから普通ので。

 

S:ボーマンダ、ゲンガー

A+:リザードン

A:メタグロスリザードン

A-:バシャーモミミロップ、ガルーラ

B:バンギラスギャラドスフシギバナ

 

ゲンガーは強いんだけど取り巻きが見つからなくてぷらぷらしてる。単体で見れば非常に強力。構築を組み上げるとマンダ軸のほうが強くなる(=勝てる相手が多い)

 

一般

S:ミミッキュ

A+:コケコ、ポリ2、カバルドン、テテフ

A:ゲッコウガギルガルドランドロス

A-:キノガッサスイクンウルガモス

これ以下はたくさんいるからこれだけでいいよね。

 

春夏秋冬のほうテテフ1個落としてコケコ1個上げておこう。レボルト、ドラン、カグヤ、グライオン、お前らにも消えてもらう。

 

なぜこういう評価なのかってのは聞いてもらえればぜひ。春夏秋冬のお話になります。

 

ゲンガーなぁ、単体で見れば最強なんだけどな〜

 

とりあえず僕が特に評価しているポケモンたちを並べてみました。メガシンカはAまでやな。ちなみにリザXはYのお陰でここにいる感じある。匿名性って大事だねってお話。キノガッサがA-の理由もこれ。僕は好きだけど。

リザYとリザX、時期によって評価変わるんよな。というか炎タイプ。やはりピーキーだ。1個ずつ落とすべきかもしれん。それでもウルガモスはここやな。