不利対面 はたきおす

初見さんへ トップ記事は必読です

【トップ記事】サブブログ

こんにちは。ここはとある人のサブブログです。 

基本的に内容の転載は禁止。リンクは許可制です。

アンテナ登録は窓用、個人用でしたらご自由にどうぞ。
↑おいME_Loveliveお前と話がしたい。

 

不穏案件に対する意見。飲み会まとめ、大会やレートの反省、ポケモンについての日記とか色々と書いています。

書いてあることに関して色々思う事があるかもしれませんが、見たいひとしか見てないはずなので、記事を読んで不愉快になったら自業自得ってことで◎

f:id:kiossamu:20160116233725g:plainf:id:kiossamu:20160116231702g:plain

 

さて、ブログの説明です。タグがいくつかあるのですがそれに関して説明します。

・考察
ポケモンというゲームにおける考察です。自分の中で即実戦に移しやすい物、構築を組むにあたって取り入れやすい物はこの分類をしています。出荷しすぎると僕が勝てなくなるためスローペースなはずです。ですから基本的に賞味期限切れである事は否めません。逆に急に消えることもあります。

・コラム
考察とは逆に、実戦に取り入れるには時間がかかる物、抽象的な考え方などを扱います。こちらは僕がプレイヤーに伝えたいことが多めなのでそこそこハイペースで出荷しています。Twitterの本アカウントでやるとツイートするたびに石が飛んでくる内容が多いためここで扱っている次第です。こちらの更新を期待してくれている人の声を、僅かですが直接もらっているためモチベーションに繋がっています。嬉しい限りです。別ゲーから持ってきた考え方が多めなので逆に別ゲーに活かせる物もいくらかあるはずです。

・環境変遷
サンムーンの環境変遷、というよりかはその時に流行った構築を纏めています。これは僕だけじゃなくて他の人にも書いてほしいんですけどね。

・日記
日記です。ただの日記です。

 

では、こんなところで。アクセス数が200 / dayくらいあるので匿名性の欠片も無い事実。

それと、お題箱を設置してみました。何か扱ってほしい話題や質問等ありましたらお気軽にどうぞ◎

odaibako.net

7世代環境変遷まとめ

環境変遷をまとめてみました。

自分用ではありますが多少は体裁を気にしてみたので見ていただけると嬉しいです。

 

【7th環境変遷】シーズン1「解禁前環境」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン2「炎タイプとステルスロック」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン3「ボーマンダ天下」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン4「ミミガッサの誕生」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン5「カバリザの復権」 - 不利対面 はたきおす

 

【7th環境変遷】シーズン6「サイクルの崩壊」 - 不利対面 はたきおす

 

【環境変遷】シーズン7「新環境」 - 不利対面 はたきおす 

 

・思ってる事

こういうのって歴史的文献としての価値が生じると思うんですよね。いや、これらの記事が優れているという訳ではなくてこれしか無いって状態だからです。

当たり前の事ですが主観による部分が多くどうしても個人によって見解がずれている可能性があります。もしこれらの記事でそういう事が生じていた場合は今後この記事に触れた人が勘違いしてしまうかもしれません。

つまりは何が言いたいかと言いますとみなさんがこれを書いてください。色々な人が書いて様々な観点からこのゲームを振り返りましょう。そうすることでこのゲームにどのような歴史があったのかが明確になります。

間違っている事を書いてしまうと恐れる人が居るかもしれません。しかし、それらは参考文献に反していない範囲ではれば間違いではないと思います。どの振り返り記事も結局のところ主観による記録でしかありませんし、自己紹介よりかはこういった「自分の対戦観」をみんなと共有したいと考えこのような記事の執筆に至りました。

ですからここまで長々と書く必要は無いと思いますが皆さんにもいくらか書いて欲しいと考えています。

みなさんが書くことでこれらの記事の正しい部分が引き立ち、間違っている部分が明らかになります。歴史の振り返りは決して1人で成り立つものではありません。多数の観点によってはじめて明らかになる物だと私は考えています。

このブログ

消す予定はないけど気が狂って消したり、唐突に非公開にしたりする可能性はあるので、もし言質取りたかったり、答えたお題箱のやつが気に入って頂けたりした場合があるならスクショやコピペで残しておきましょう。

 

ここ最近考え方の変わりようが凄いのでどこまで行くか自分でも分からない件。うーむ困った。

横綱相撲

真正面から相手の全てを受け切り勝つ

相手に何もさせずに一方的に勝つ

強者としての格の違いを見せつけること

 

相手によってやることを変えたりはしない

 

 

 

今これとは程遠い泥臭さが欲しい。

どうしても必要だから今期で手に入れます。

 

 

【お題箱】中身がバレても勝てる理由

f:id:kiossamu:20180409200245p:plain

同じ構築を使い続けてレートやオフで結果を残し続けてる人達がいますけど、なんで技構成とか調整とか相手にバレてるのに勝ててるんでしょうか?
構築の中身がバレると圧倒的に不利になるから上の方にいる人は構築を隠したりしてますけど、その人達は特にそういう行為をしてないので気になりました。

f:id:kiossamu:20160614211209p:plain
非常に難しい問題です。間違ったことを言うかもしれないので鵜呑みにしないように。
まぁこの記事に限ったことではないんですけどね。

一応ですが彼らは一方的に不利な状況で戦っているのは確かです。それでも勝ってしまうのにはちょっとしたカラクリがあると考えています。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20170108194621p:plainf:id:kiossamu:20160703214802p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plain
で、このカバマンダなんですけど構築を組む時にはある程度立ち回りとかを考えると思います。100勝てないにしてもまぁこれで勝てるやろ~くらいには考えるはずです。

f:id:kiossamu:20160611151449p:plainf:id:kiossamu:20160703220050p:plainf:id:kiossamu:20161220162608p:plain
じゃあカバリザにはどう勝つの?ってことも考えると思います。テテフかは知りませんけど、ある程度は裏の選択肢も考慮しつつ構築を組んだり回したりすると思います。

f:id:kiossamu:20170917235726p:plainf:id:kiossamu:20180721153605p:plain
この辺りになってくると「ん~、切っていいか~」と言い始める人がいます。それが正しいかはともかくトノラグには「上の構築程のパワーが無いと仮定した」場合、構築を組む際にプレイング及び選出択・誘導で誤魔化せると判断し少し軽視します。

 

さて本題です。

f:id:kiossamu:20160611151750p:plainf:id:kiossamu:20160815010649p:plainf:id:kiossamu:20160815010627p:plainf:id:kiossamu:20160116191424p:plainf:id:kiossamu:20160604222345p:plain
構築を「組む」時にこの並びを意識する人はどれくらいいるでしょうか。ゼロだと思います。何故かと言うとこの並びとマッチングする機会が極めて少ないからです。ですからマッチングした瞬間、「対ブラマンダ側」にはアドリブが要求されます。ここが最大の要素です。

ブラマンダVS対ブラマンダに置いて、その対戦における理解はプレイヤーにもよりますが、確実にブラマンダ側にああります。環境に少ない並びを用いるメリットはここにあり、経験則で誤魔化せる要素が非常に大きいことに加えて、そもそも対ブラマンダ側にこの並びを突破する手段を持ち合わせているケースが少ない場合がいくらか存在します。想定してないため当然起こり得る事です。

f:id:kiossamu:20171202134515p:plainf:id:kiossamu:20170908140612p:plainf:id:kiossamu:20170921042140p:plainf:id:kiossamu:20170908141222p:plainf:id:kiossamu:20161117014923p:plainf:id:kiossamu:20171127151823p:plain

この構築も同様です。この構築を使っている人が少ないためこの構築に対する立ち回りを構築段階で考える人は極めて少ないでしょう。構築当たりの対応判批の広さは採用できるポケモン・技の都合上限度があり、それを数が少ない物を意識したところで無駄に終わるケースが多いからです。ですから少ない並びを「切る」という選択肢があるわけです。

f:id:kiossamu:20180722200000p:plain
タイムマシンか何かを使ってなんらかの薬を飲ませることで記憶を飛ばして、これらの構築の本人と戦わせてみましょう。おそらくですが勝てる人はいません。これらの構築を用いる本人たちはアーキタイプ毎のシミュレーションを実戦経験を踏まえた上で行っていますが、我々がそのノウハウを持っていない状態で戦うことになった場合、勝つことは不可能に近いでしょう。

長くなってしまいましたが、結局のところは固定構築がなぜ勝てるかと言うのは主に「経験」がカギになってくるはずです。固定側は経験が豊富な状態で戦う事、そうでない側は経験がない状態からスタートします。個人的にはこれが大きいのかな~と思いますし、技や構成を知っていてもそれでもって初めて同じスタートラインに立った状態とも言えるでしょう。そこのお前、風船ドランにガルドで突っ張るのはやめような。

 

ここまで30分かかりました、筆の速度を上げる練習をしています。

運営をするときに気を付けている事

オン・オフ問わずに色々気を使っている事はあります。
ちょうど「身内感」で話題になっていたのでそれに関して少しだけ。
#少しじゃない

「身内感」とは何か、どういった数字なのかは不明だけど確実に存在するそれに迫る。

・ケース1

f:id:kiossamu:20161220162638p:plain「そういえば通信切れちゃって勝手に再現しちゃったけど報告したほうがいいのかな…」←一般参加者

f:id:kiossamu:20160223173049p:plain「やっぱりガルーラはグロ秘密でしょ」←運営

f:id:kiossamu:20160116191353p:plain「浅いね、猫+毒こそ結論だわ」←その運営の仲良し

f:id:kiossamu:20161220162638p:plain「なんか盛り上がってるところ悪いしいいや…」

・ケース2

f:id:kiossamu:20160815010627p:plain「それでは選出画面を見てみましょう。おwフライゴンお前おるぞwww」

f:id:kiossamu:20181203203441p:plain「いやwwwあれガブリアスwwww俺じゃないwwww」

f:id:kiossamu:20160614211209p:plain「クソ実況解説死ねや」←ぼく

僕が「悪い身内感」ってどんなの?と聞かれたときに考えるのが主にこの2つのケースです。「運営が運営の仲良しとワイワイやって他の参加者を軽視している状態」を指しているのかな~と考えています。もちろんそれがオフのコンセプトならそれで構いませんが、多少「大会」の雰囲気を出しているのであれば休憩時間以外で顕著にこのような態度を取るのはあんまり良くないかな~とは思いますし、僕自身が運営するにあたり「身内感」に関して一番気を付けているところです。

悪い物があれば良い物もあります。この「悪い身内感」の正体は「運営が参加者との交流を疎かにしている」もしくは、「参加者を気にせずに好き放題やっている」状態のはずです。つまり、参加者も一体になれるような「身内感」であればいいわけですね。

背伸びオフ皆勤賞なので - 不利対面 はたきおす

関東住みの僕が何故か皆勤賞である名古屋で開催してた背伸びオフですがこちらは「身内感」がかなり強いオフでした。それでも「身内感ヤバすぎでゴミオフだったわ…」みたいな話は表を見る限りいなかったはずです。多分…
結局なにが不愉快ではなかったかと言えば「運営と参加者が一体になれていた事」が非常に大きかったのかなと思います。「オフ運営」の一番の仕事は「交流の場を提供すること」だと僕は考えているのですが、背伸びオフは身内感が強くても運営のこの姿勢がしっかりしていたからこそ人気のある対戦オフ会だったのかなと思います。

・からきおす杯
12月15日開催。よろしくな。

collar-erpk.hatenablog.com

それはさておき、カラーと共同主催しているこの大会ですが、個人的には「大会」というより「お祭り」を意識しています。
もちろん対戦がメインですので締めるところは締めているのですが、コンセプトとしては「みんなで盛り上がろう!」が第一です。ですから僕としては「場作り」をかなり意識していて、オンライン大会だからこそ参加者それぞれが分散しやすい雰囲気なのですが、負けてしまった所が大会中にフレ戦を申し込むためのチャットルーム作成や、突発大会などの宣伝に協力したりなど、参加してくださった人が一日楽しめるようにしています。

・Battle Frontier

こちらは「対戦オフ会」ではあるのですがかなり「大会」を意識しています。運営談になるのですがスタッフを集めるときの声が「一緒におふやるべw」じゃなくて「こういう事したいのでよければ協力していただけませんか?(なんと敬語)」でした。*1
運営間の仲は良くはないけどとても良いです(は?)
僕自身が参加した・運営した中で「身内感」が究極的に低いオフだと感じています。運営全員が最強のオフにしてやろうの一心で同じ方向を向き、各々で緊張感を持ってやっていました。運営の会議も意見が割れた時にはきちんと話し合って双方の利点を確認しあったり、なんかやたら体力が持っていかれた記憶があります()

それだからこそ、終わった後は最強の対戦オフだったなと感じました。し、二次会もかなり真面目というか知性がある気がしましたし、とにかく他の対戦オフ運営には絶対に無い緊張感や達成感があったと感じています。もちろん「これが」良いってわけではなく、「これも」良いよねって感じです。

この雰囲気は僕の体感ですが、参加者にもかなり伝わっていたかなと思います。

f:id:kiossamu:20160611151750p:plain「Battle Frontierで優勝できたことが本当に本当にほんとうひrへういほふぃあびんbるfばいぽbfぢうあえbのふばえおういhんfぽうえsbgfぷおいべそうfびぱおbふぉうぱえ」

って言ってました。

別に彼だけではなく、他の参加者も「何か他の対戦オフとは少し違うぞ?」みたいな雰囲気を感じ取っていたかと思います。

・Battle rebolution

で、今回のバトリボはどーなん?って話なんですけど、個人的には「対戦オフ会」の色を強めで行くのかな~と考えています。今後reboさんのちょくちょく相談していく予定。
ただ、オフ名を決める際に、加えて新しくブログを開設するかなどを考えた際に僕が色々口出しをしたのですが、今回は「reboさんの色を強く出した方がいいかも」みたいなことを言ったこともあってブログは本人のをそのまま使ったりしています。これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、そんな雰囲気を少し強めにした方がいいかな~とか考えつつ言った次第です。でも、運営のメンバー的には万人受けする感じを保ちつつ、対戦に集中できる環境も作れるため「いい感じの緊張感」はあると思いますし、「強すぎる身内感」も出てこないはずです。既存のオフだとJPNOPENが一番近いかな、やってみない事には分からん。

 

って、いろいろかんがえてるんですよ~~~~~~これでもって話でした。

苦労自慢に聞こえる事に関して、否定はしないけど僕自身が好きでやってる事というのは確かです。

*1:でも相方のちょくるさんと最初に話した時は「こんなオフやりたくないすか?」、「俺たちでやっちゃいますかw」みたいなノリだったかも

またまたまたまた運営に携わることになったので取り急ぎ

またまたまたまた運営をすることになったので

reboiona.hatenablog.com

 

運営一覧
主催
・rebo @rebo_25_live
スタッフ
・のぶれん(対戦参加) @hurricane_pk
・ローラー(見学参加) @pokeroller
・たかきおす(対戦参加) @LK1oS
・クゥリ(対戦参加) @kuuri_yatsume
・きのどく(見学参加) @Kinodokupoke
・さいく(対戦参加) @zvlku
・バンビー(対戦参加) @bannbee
・チハヤ(対戦参加) @sorariku524

 

ちなみに成り行きなのですが、いつだか忘れたけどReboさんがオフやりたいんですよね~~~て言ってたのでその時に僕が「Reboさんがやるなら応援するよ~~~」と言ったところ「やるときには声掛けますね!」って言われました。で、それが実現した形です。

この中では唯一の主催経験があるのでみんなをきちんとリードしていければなと思います。

それと、単純に運営経験がある人が多いので何かあっても対応は秒で終わりそうですね◎

それと、このオフの前日にもオフがあるようです。

haze-toxapex.hatenablog.com

大学生春休みの遠征はここになりそうですね。

 

よろしくお願いします。